年間800Pipsオーバー!3ポジEA『CROCUS_USDJPY』

 

 

年間800Pipsオーバー
順張りも逆張りもする3ポジEA
CROCUS_USDJPY
【公開本番口座で収益増加中!1万円複利バックテストでは42億達成】スプレッド耐性、低資金OK。設定は簡単で初心者にもオススメ

現在の成績

CROCUS_USDJPY公式ページはこちらから 

 

 

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[デイトレード] [スキャルピング]

最大ポジション数
3個
その他
パラメータ設定可

運用タイプ
複数枚運用

最大ロット数
100ロット
その他
ブローカーの制限による

使用時間足
M5(5分足)

最大ストップロス
80pips
その他
パラメータ設定可

テイクプロフィット
80pips
その他
パラメータ設定可

両建て
あり

CROCUS_USDJPY公式ページはこちらから 

 

 

バックテスト分析

2010.01.04-2020.06.19

スプレッド
10 (1pips)

ロット
1.0ロット固定

最大DD
6689ドル

年間平均取引回数
268回

平均獲得Pips
11.8pips
平均損失Pips
-19pips

年間平均獲得Pips
885pips

年間平均利益額
8853ドル

10万通貨で取引した場合
1ドル=100円とすると
年間88.5万円の利益を狙える。

CROCUS_USDJPY公式ページはこちらから 

 

また、取引回数が
年間平均268回なので
TariTali(タリタリ)経由で
AXIORYスタンダード口座開設して
本EAで運用するだけで
年間11.3万円の
キャッシュバックを狙える。
EA運用益だけでなく
キャッシュバック益も狙え
ダブルでおいしいので
海外FX口座で運用するなら
必ず利用した方が良い!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

年別、月別損益



▲年別損益
2011、2013年が
特にパフォーマンスがよく
2017年が利益が
少ない年となりましたが
極端に少ないということもなく
安定して高利益を出している。

▲月別損益

CROCUS_USDJPY公式ページはこちらから 

 

ポジション保有時間、エントリー時間

ポジション保有時間は最短2分
最長3日と幅がありました。


平均すると2~8時間程度が多いようです。

 


▲時間別の勝ちトレード/負けトレード
特定の時間にだけ
エントリーをするタイプのようですね。

CROCUS_USDJPY公式ページはこちらから 

 

どんなトレードをするの?


青:BUY 下落トレンド中の買いなので
短期逆張りを最大3ポジションで行い
一括決済するようです。


上昇トレンド中の押し目買い
そして逆張りの売りをしている。
5分足での順張り
(押し目買い、戻り売り)と
逆張り両方するタイプのようですね。

取引頻度は3ポジで
年間300回未満なので
少ないと感じるかもしれませんが
勝率が7割とのことなので
精度の高いエントリーポイントを
厳選している。

CROCUS_USDJPY公式ページはこちらから 

 

複利がいいの?単利がいいの?

複利運用に向いているのは
高勝率×高頻度取引EAなのですが
CROCUSは取引頻度が
少し物足りなさがありますね。
ただ勝率は7割あるので
少ない証拠金の場合は
複利運用のほうが
効率的に稼げる可能性が高い。
複利運用MMの設定は
10万円あたり0.1ロットの設定で
運用するタイプになるため
相対DDは大きくなることが予想される。

バックテストで最も利益額の低かった
2017年を含む3年で
複利バックテストを行ってみました。

▼2017~2019年の3年間


相対DD43%
純益+19575ドル
3年で+190%増
となりました。

 

▼2014~2016年


相対DD23%
純益+77000ドル
3年で+770%増
という結果になりました。

単利か複利かは
利用者の好みですが
3年以上運用するのであれば
1口座1EAで複利運用がオススメ!

CROCUS_USDJPY公式ページはこちらから 

 

TariTali(タリタリ)キャッシュバックで損失補填・利益の上積み

資金効率を高めるために
海外FX口座で運用するなら
TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座開設されて
キャッシュバックを
現金でもらわれた方が
絶対にお得!
本EAで損失を出していても
取引するだけで
キャッシュバックが発生するので
損失が出ている場合は
損失補填に!
利益が出ている場合は
利益の上積みに!
このようにお得なことから
必ず使用するようにしてくださいね!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す