1ポジ高勝率スキャル 『SS-system_EURGBP』

最終更新日

1ポジ高勝率スキャル
『SS-system_EURGBP』

【EA概要】
通貨ペア
EURGBP

時間足
15分足

最大ポジション数


最大ロット数
10

最大ストップロス
50

テイクプロフィット
変動


■バックテストから見る各種データ

image

1日平均2~3回のエントリー回数で
期間中の獲得pipsは
5400pipsでした。
年間にすると
+960pips程度です。
着目すべきは
最大ドローダウンが
30130円と
とても低いことです。

もう少し詳しくみていきましょう!
各月ごとの損益です。

image

マイナスの年がないのは
もちろんのこと
マイナスの月も
金額的には少ないですね。

各年の勝率はこちら

image

PF2未満ということは
利益に対して
損失の額が大きいということですが
勝率が平均で
77%ありますので
コツコツと
利益が積み上がっていくタイプになります。

1枚運用で0.1ロットあたりの
最大ドローダウンが
30,000円ですから
最大ドローダウン
30%程度許容な場合は
証拠金6万円+10万円で
16万円あたり
0.1ロットから運用できます。
ですので
100万円であれば
0.6ロット運用が可能で
バックテスト期間の
年間平均収益は
+86%になります。

■複利運用推奨!
fx-onフォワードでも
複利で運用しておりますが
当EAは複利運用での稼働をオススメします。
デフォルトではリスク4%で
1回のトレードの最大損失が
口座の4%になるようにロットを計算します。

image

リスク4の場合の相対ドローダウンは10%
最大ドローダウンは
7.7%でした。
複利のバックテストの場合は
pipsでは計算できませんので
口座資金に対しての%で考えますが
全く問題ないドローダウンですね。

対して利益のほうは
5年半で
100万円⇒4300万と
+4300%になりました。
勝率が良いことと
取引回数が多め
(1日2-3回)であることが
複利運用の効果を増大させています。

■運用上の注意点
『SS-System_EURGBP』の
スプレッド1.0pipsにおける
バックテストの平均獲得pipsは
3.8pips
平均損失Pipsは
-6.9pipsとなっています。
非常にシビアなpipsとなっているため
EURGBPのスプレッドが
狭い口座での運用を推奨しています。
fx-onフォワードでの運用は
外為ファイネストで
EURGBPのスプレッドは0.5-0.8pips、
また
楽天証券は1.0pipsとなっています。

単利運用でも
年間平均獲得pips 960pipsオーバー
複利運用なら
毎年前年比
1.8倍以上で増えていく可能性があります!
数年後のフォワード結果が
とても楽しみなEAです!

SS-system_EURGBP
コツコツ型スキャルピング


TOMO