年間800回×年利30%
バランス型スキャルピング
『どこでもドル』

 

通貨ペア
[USD/JPY]


取引スタイル
[スキャルピング]


最大ポジション数
3


使用時間足
M5


最大ストップロス
0
その他
ロジック決済


テイクプロフィット
0
その他
ロジック決済

【バックテスト分析】

2007.0.7.09-2018.07.07(11年バックテスト)
0.1ロット固定
スプレッド0.5pips

純益+12797ドル (年間平均+1163ドル)
最大ドローダウン -536ドル
総取引数 9079回(年間平均 825回)
勝率 68%
平均獲得pips 7.2pips
平均損失pips -10pips

となりました。

利益:損失がほぼ同じで
勝率が7割弱なので
勝ち負けを繰り返しながら
利益が積み重なっていくタイプのEAです。

【トレード例】

順張り+同方向に
3つまでナンピンポジションを持ちます。


決済は同時決済で
トータルで利益を確保します。
見た目の勝率はよくありません。


たまに全部損切り…なんてことも。
3ポジ同時損切りになるので
結構痛いかもしれませんが
バックテストにおける最大連敗数は6なので
2回のトレードで
連続で負けることがあるということですが
結構少ないですよね。

【月別損益】

特に負けやすい月はありませんが
年間2~3ヶ月は
マイナスになる可能性があります。

【年別損益】

年別で見ると
2008年が飛び抜けていますね!
直近5年では
平均+769ドルの利益になっています。
推奨証拠金は、0.1ロットあたり

(証拠金4.5*3)+(最大ドローダウン6*2)=25.5万円

となりました。
その場合
直近5年平均利益率は33%となります。
100万円であれば
0.4ロット程度で望ましいでしょう。
特筆すべきは損益曲線ですね

0.1ロットあたりの最大ドローダウンが低く
損切りも浅めなので
負けが続いても
利益更新するまでの期間が短く
11年バックテストにおいても
最大で135日で利益を更新しています。
年間通して運用すれば
マイナスで終わる可能性が極めて低いEAといえます。
運用上気をつけることは
平均獲得pipsが
7pipsと短期決戦型なので
なるべく
スプレッドの狭いFX会社で運用することです。
バックテストも0.5pipsなので
なるべくそれに準じた口座で運用しましょう。

どこでもドル公式ページはこちらから