ねこ博士のしっかり稼いでくれるEA『Swing_Max_GBPUSD』

TOMOです。

 

 

1日ごとにpipsを大きく獲ってくれる!
高パフォーマンスに期待できるEA
『Swing_Max_GBPUSD』

【Swing_Max_GBPUSD 概要】

取引スタイルは
3ポジションでトレードを行っていくようです。

特筆すべきはデフォルトで
テイクプロフィットは400
ストップロスが250と
非常に広く設定されています。

【バックテスト分析】

2009.01.01‐2018.12.31

スプレッド11

0.1ロット固定

純益+441.2万円(年間平均 44.1万円)

最大ドローダウン -47.6万円

総取引回数 4994回(年間平均499回)

勝率68.50%

PF1.46

推奨証拠金額は0.1ロット固定で

(5.5*3)+(47.6*2)=111.7(万円)

となります。
この場合の期待年利は39%となります。

■年別・月別分析

2009~2018年の10年間で損失を出すことなくプラスを続けています。

大きく利益を獲得している年も多くことが魅力です。

月次を見てみると
ドローダウンが
44%ということもあり
大きな損失を抱える月もあります。
一方で通年では
プラスとなっていることから
収益力の高さを実感できます。
ロスカットにならないように
証拠金の管理をしっかりとしていれば
大きな利益を運んで来てくれると思います。

■ポジションの保有時間

ポジションの保有時間を見ると
1日保有が最も多く
次いで4時間、4日となっています。
ストップロス値が広いので
週末持ち越しリスクも少ないと思われます。

■トレードの時間帯

トレードの時間帯です。
午後22時~午前2時の間で
トレードを行っています。
その他の時間帯では
トレードを行っていません。

週間のトレードを見ると
金曜日にはトレードを行わないようです。

■トレードイメージ

赤が売りです。
3ポジションでトレードしています。
この事例のポジションの保有期間は
1日のようです。

青が買い、赤が売りです。
この2つの例では
ポジションの保有時間は
約1日のデイ~スイングトレードを行っていくようです。
ただし取引回数は
年平均で499回と多めなので
取引をしないことに
イライラさせられることはないと思います。

■複利運用

複利運用を見てみます。
10年間で3000万円近く稼いでおり
複利の力の凄さが分かります。

■設定変更

基本設定以外にも
トレーリングストップ関連の
パラメーターや
スプレッドに関するフィルター
指標に関するフィルターなどを
自分好みで変更することが可能です。

■まとめ
収益力が高いことが大きな魅力です。
取引回数も多いので
トレードをしないことに
悩まされることもないでしょう。
また、ストップロス値が広いので
ストップロスを気にせず
ゆったりしたい派向きのだと思います。
単体で使用しても
利益を生みだしてくれることに期待できますが
通貨ペアはポンドドルということもあり
ポートフォリオに組み込んでも
威力を発揮してくれると思います。


TOMO

コメントを残す