2017年10月発売
『スキャルピングフェアリー』の
改良版が登場。
フォワード実績が
1か月を越えた現在の成績をみて
性能をみていきます。

【スキャルピングフェアリー V2概要】
通貨ペア
[GBP/USD]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数

使用時間足
5分足

最大ストップロス
100

テイクプロフィット
10

勝率78.95%で取引回数も多く
PFが2.39と高い数値です。
2月の52.1pipsに対して
3月は5日時点で17.4pipsと
これからも良い成績が期待できそうです。
通貨ペアが値動きの激しい
ポンドドルでの運用ですので
勝率や収益が高いうえで
いかに安定な運用ができるのかが
ポイントになりそうですね。

【バックテスト分析】

1999.01.04‐2019.01.25
スプレッド1.0
1ロット
純益+1211.7万円(年間平均 60.5万円)
最大ドローダウン -57.3万円(4.95%)
総取引回数 4934回(年間平均246.7回)
勝率82.18%
PF1.41

総取引回数が多く
利益をしっかり獲得しています。
最大ドローダウンも
バックテスト期間20年の間で
-57.3万円と低く抑えられています。

推奨証拠金額は
0.1ロットで考える
,GBP/USDですので

(5.9)+(5.73*2)=17.36(万円)

となり
18万円あれば
万全といったところでしょうか。
この場合の期待年利は
34.8%になります。

バックテストからみるに
リカバリーファクター
(RF=純益÷最大ドローダウン)は
21とテスト期間20年を越えても
この結果は優秀といえるでしょう。
取引回数や勝率、PFも申し分なく
長期運用も安定してくれそうです。

値動きが激しく
ボラティリティの高い通貨ペアである
ポンドドルでの運用ですから
最大ドローダウンを抑えた
優秀なスキャルピングEAとして
しっかり利益を出してくれそうです。
一方で値動きの激しさが
リスクとなる面については
複数ポジションを持たず
シンプルなロジックから
バックテストとの乖離も少なく
安定して運用できることが
魅力になってきそうです。
それでも不安な場合は
重要な経済指標では
一時停止をするなど
対策することで運
用をより安全にすることができるはずです。

スキャルピングフェアリー V2
さらなる収益力の向上とドローダウンの軽減
さらなる収益力の向上とドローダウンの軽減?|?fx-on.com