2018年も堅調!
フォワード2年半で+250%の収益達成
『一本勝ち』

ea

みなさんご存知「一本勝ち」。
1ポジ10万通貨EAの元祖と言っても良いでしょう。
2018年も残りわずかとなってきたので
2018年の成績を振り返ってみたいと思います。

 

【一本勝ち 概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[デイトレード][スキャルピング]

最大ポジション数
1

使用時間足
M15

最大ストップロス
80


最大ストップロス80pipsで
利確はトレーリングを使用したロジック決済です。
平均獲得Pipsは12pipsで
トレーリングにより
最大で+140pipsまで
利益が乗ることもあります。

◆2018年の成績

ea

2018年12月12日までの獲得Pipsは
+540pips!

1万通貨で5.4万円
10万通貨で+54万円の利益です。

過去の成績を振り返って見ると、
ea
2017年は+987pips獲得で
収益率100%を達成しています。
昨年度に比べると獲得Pipsは下がりましたが
それでも500pipsを獲得していますから
100万円から始めて
10万通貨で運用した場合は口座は
150万円になっているわけで
収益率は50%ととてもよい利益率といえるでしょう。


■バックテスト分析
2年以上のフォワード実績がありますから
もはやバックテスト分析も必要ないかと思いますが
どんな相場のときに弱いのか?
最大ドローダウンが起きるのは
どんな相場かを理解しておくと
運用する上で安心ですね。

ea
2005.01.01-2015.12.30
スプレッド1.0
0.1ロット固定
純益+58.29万円(年間平均 5.83万円)
最大ドローダウン -4.63万円
総取引回数 2920回(年間平均290回)
勝率 72%
PF1.33

となりました。

0.1ロットあたりの推奨証拠金は

(4.5)+(4.63*2)≒14

約14万円につき0.1ロットの設定で運用可能です。
その場合の年間平均利益率は41%です。

【月別・年別損益】
ea

7月、12月が負けやすい傾向があるようです。

ea
年別で見ると2005年は微マイナス
2008年に大きく利益を上げていますので
トレンドに強いEAだということがわかります。

■一本勝ちと一本勝ち(スタンダード)の違い
今回紹介したのは「一本勝ち」(無印)で
もう一本「一本勝ち(スタンダード)」が
割安で販売しています。

無印のほうは
1.0ロット固定の単利で運用していますが
機能としては複利機能がついていて
最大ロット数は20までとなっています。
一方「一本勝ち(スタンダード)」のほうは
単利運用のみとなっています。

証拠金100万円程度までなら
スタンダードで問題ないかと思いますが
もっと大きなロットで運用したい方
複利を利用したい方には
「一本勝ち」(無印)の方をおすすめします。
長期フォワードにおいて
安定した高収益を残し続けている
エース級のEAです!


一本勝ち
トレーリングストップで幸せに一本勝ち