始値でエントリーするロジック搭載で好調『Past Current System』

youyouさんが開発した
Past Current System
2018年8月稼働開始から
成績好調を続けている。

過去からのデータからわかる今の予測!!

 

 

現在の成績

Past Current System公式ページはこちらから

 

 

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング] [デイトレード]

最大ポジション数
4個
その他
片側のポジション数で
1~2の間で設定できます。

運用タイプ
複数枚運用

最大ロット数
1ロット
その他
証拠金に応じて変更してください。

使用時間足
M5(5分足)

最大ストップロス
90pips
その他
シグナルによる決済

テイクプロフィット
100pips
その他
シグナルによる決済

両建て
あり

Past Current System公式ページはこちらから

 

始値でエントリーする
ロジックとなっていながら
youyouさんが仰る

「リアル口座でのフォワードテストで再現性があった某社のヒストリカルデータで好結果。」

であることが
いろんな相場環境に対応できる
普遍的に近く
強い設計となっていると考える。

2019年夏は
テクニカルが利きにくい
相場環境でありましたが
2019年6~7月にかけて
損益は減りもせず
増えもせず横這いでした。
多くのEAが苦戦した8月は
上昇カーブを描いている。

EA開発で
最も重要視しているという
リスクリワード比
(リスクリターン:純益÷最大ドローダウン)比
20倍については
小さいドローダウンを
その後の取引で埋め
利益を積み上げているのが
フォワードテストでは
有言実行できている状態。

Past Current System公式ページはこちらから

 

 

バックテスト

強いロジック搭載

17年間のバックテストでも
リスクリワード比27.10
(純益288万円÷最大ドローダウン10.6万円)
非常に良い数字を計測。
強いロジックが搭載されたEAと判断できる。

Past Current System公式ページはこちらから

 

コツコツ勝つ!小さく負ける!

ロジックでは
利益確定値100pips
損切設定値90pips
となっていますが
実際にはそれらより
手前で決済をする設計。
バックテストでは
平均勝ち 1,383円
平均負け 2,066円
コツコツと利益を積み上げ
小さく負けるのが特徴。
コツコツドカンと違い
負けた場合でも
メンタルのヘコみが少ない。

Past Current System公式ページはこちらから

 

年間26.8万円キャッシュバック

17年のバックテストで
取引回数10,754回なので
年間632回取引することになる。
取引回数が多いので
キャッシュバックと相性がいい。
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
AXIORYスタンダード口座開設。
10万通貨で運用した場合の
年間キャッシュバック額は
26.8万円!
本EAの運用益と
キャッシュバック益
両方狙うことができるので
ご利用された方が良い。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

まとめ

フォワードテストでは

平均利益1,217円(約12pips)
平均損失1,639円(約16pips)

小さな利益を
コツコツと重ねる設計で
平均12pipsを稼ぎ
平均16pipsと大きく負けない。

最大ドローダウンも
28,588円と小さな数値。

かなり好調な推移で
利益を積み上げている。
気になる方は
ご検討されてみてはどうでしょうか?

Past Current System公式ページはこちらから

 

 

TariTali(タリタリ)の年間キャッシュバック額425万円!

本EAですが
バックテストから
推定できる取引回数は
年間632回になる。

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
AXIORYスタンダード口座開設。
10万通貨で取引するたびに
4.25ドル(約425円)キャッシュバック!

本EAで運用した場合
年間取引回数632回なので
632回×425円=26.8万円
キャッシュバックを
現金でもらえる。

また、EA運用されている方は
ポートフォリオ運用されて
取引回数が多くなる傾向がある。
全EAの年間取引が1万回の場合
年間キャッシュバック額は
な、なんと425万円

高額キャッシュバックになるので
絶対にキャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
ご利用するようにしてくださいね!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

 


TOMO

コメントを残す