XMで勝つにはTaritaliタリタリでのキャッシュバックが最強

 

 

FXは約50%の確率で
上に価格が振れるか?
下に価格がふれるか?
でお金が増減していく。

しかしどっちにいっても
お金がたまる方法があるのです。
取引すればするほど
お金がたまる方法。
これを知っている?知らないで
最終的に残る現金に
大きく差がでます。

 

キャッシュバックサイトTariTali(タリタリ)で大きく差がでる

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)
絶対に知っていて
絶対に登録した方がいいのが
国内最強のリベート率の
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)です。

 

国内最強キャッシュバックサイトTaritali(タリタリ)

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)が
何故『最強』なのか?
それは他社よりも
リベート率が高いからです。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

XMスタンダード口座キャッシュバック比較

キャッシュバックサイトから
XMスタンダード口座開設
10万通貨で運用した場合の
キャッシュバックは

FinalCashBack 6ドル

TariTali 8.5ドル

日本最大のキャッシュバックサイト
FinalCashBackと比較すると
往復1回の取引で
2.5ドル(約250円)も
TariTaliの方が多い。

1日3回取引すると
年間750回(250日×3回)
取引することになるので

FinalCashBackだと
45万円(750回×600円)

TariTaliだと
63万円(750回×850円)

普通に取引するだけで
18万円(63万円-45万円)
キャッシュバックに差が出てくる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

10年だとTariTali(タリタリ)の方が150万円も多い

10年間1日3回の取引をすると
FinalCashBackだと
450万円(3回×250日×10年×600円)

TariTaliだと
637万円(3回×250日×10年×850円)

普通に取引するだけで
187万円(600万円-450万円)
TariTaliの方が多くキャッシュバックをもらえる。

キャッシュバックで得たお金を
投資資金として充当する場合
キャッシュバックが多いと
充当できる額が多くなるので
資金量に応じて
ロットを増やしていき
勝利していけば
複利で利益が伸ばせるので
キャッシュバックサイトは
リベート率が高い
TariTaliを選んだ方が良い。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

TariTali(タリタリ)の登録方法

① Taritaliへの登録

Taritali公式サイトを開き
上部メニューのログインから
「新規ユーザー登録」をクリック。

お名前(カタカナ)
メールアドレス
パスワード

を入力し
「確認画面」をクリック。

登録したメールアドレスを開いてもらうと
「【TariTali】仮登録完了のお知らせ」
というメールが届きます。

メールに記載されている
URLをクリックすると
Taritaliへの登録は完了です。

 

②各ブローカーで口座を開設します

既にそのブローカーで
口座をお持ちの場合は
「追加口座開設」

より口座を開設します。

そのボタンがない場合は
「IBのお乗り換えおよび追加口座開設について」
という案内があると思いますので
そちらの指示に従ってください。

各ブローカーより
口座開設のメールが届くのを待ちます。

初めて口座を開く方は
新規口座開設手順を
クリックして登録をすすめます。

 

③ 開設した口座をTaritaliへ登録

各ブローカーより届いた
口座開設完了のメールが届きます。
口座ナンバーが記載されていますので
控えてください。

taritaliのユーザーページへログインしてください。

マイページの上部メニューから
「口座管理」を開いてください。
そこにある業者名の
プルダウンメニューから
先ほど開設したブローカーを選択し
その下にある取引口座番号に
先ほど控えた口座ナンバーを入力してください。

そして、「登録する」を押して完了。

「【TariTali】口座登録完了のお知らせ」
というメールが届くと
すべての登録作業が完了です。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

キャッシュバックはリスク低減できる

FXで負けた場合でも
キャッシュバックは
必ず入ってくるので
負け分の補填されることになり
リスクを軽減して
取引できます。

勝っても負けて
もお金がたまるので
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)は必須!
リスク低減したい方は
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す