スイスフランショックでも
影響が少なくて
年間300-400pipsは見込める
安定した1ポジEA
オラクルCHF
スイス円の通貨特性を利用した安定設計のデイトレードタイプEA


 フォワード



フォワードは
2019年11月からで
約2ヶ月運用での
獲得Pipsは+63Pips
1ロットで
収益+63,256円
となっています。
2020年1月2日、3日と
20Pips以上を獲得し
利益を更新しています!

勝率は57%と
高くはありませんが
平均利益1.5万円に対して
平均損失が-9400円と
リスクリワードの
バランスがよく
勝ち負けを繰り返しながら
利益を残していくタイプのEAになります。


▲これまでのトレード履歴

トレード履歴一覧を見ると
損切も-6pips~-20pipsと浅めで
一度の負けで
大きく口座資金を
減らしていません。
今回の2連勝のように
大きめの勝ちが続くと
月単位での利益額が大きく期待できます。

 

システム概要


特徴的なのは
スイスフラン円(CHFJPY)
という希少通貨が対象という点です。

かつて2015年に
スイスショックでも

無事に生き残っていける
システムなのか?

バックテストから
検証してみたいと思います。
バックテスト分析


単純なバックテストからの期待値は
約10年のバックテストにおいて

1.0ロット運用の場合、
最大ドローダウン -37万円
年間平均取引回数 74回
年間平均損益 51万円
推奨証拠金 129万円
期待年利 40%

※推奨証拠金計算式={(証拠金)+(最大ドローダウン×2)}

という結果となりました。
レア通貨ペアで
期待年利40%は
意外な目の付け所かもしれませんね!

それでは年ごと
月ごとの損益を見ていきましょう

1ロットの年間損益


2011年、2016年が年間あたり
80万円の利益と
突出していますが
年間を通してマイナスがなく
あの激動の2015年も
他の年と同レベルの
年間30万円台の利益が出ています!

2015年というとアレですよ?

スイス銀行の
無制限介入の撤廃により
わずか数十分で
2000pips以上も動いたという
恐ろしい相場です。

↑2015年1月15日のチャート。

また、2019年1月にも
大きく相場が
急変する場面がありましたが
特に大きなマイナスにはなっていません。

というのも
これまでのような
レア通貨ではありがちな
ナンピンマーチンの
複数ポジションEAではなく
SL75pipsの1ポジEAのため
急激な相場の変動時でも
損失が限定され
被害が相場に影響される
リスクが少ないんですね。

 

月別損益


2015年1月、2019年1月は
マイナスはナシ!
2016年以降のチャートを見ると
ボラティリティの低下により
月単位でマイナスになる月
もところどころ見受けられます。

↑2016~2019年のスイスフラン円のチャート

逆にいうと
パフォーマンスの
良くない直近数年でも
年間あたり300pips~400pips
(1.0ロットで30万円~40万円)
程度は稼いでくれており
少なくともそれくらいは
利益が見込めるといえるでしょう。

相場の場付きに依らず
急激な相場変動があっても
年間単位では継続して
安定した利益を見込めるのが
『オラクルCHF』
の強みではないでしょうか。

 

まとめ

スイスフラン円という
レア通貨のため
運用口座によっては
スプレッドの幅があります。
EAの設計としては
平均獲得Pips19pipsなので
マイナスになる可能性は
かなり低いと思いますが
スプレッドが広いと
その分利益が減るので
スプレッドを考え
バックテストを行い
期待年利を想定するようにしてください。

レア通貨で安定運用
ポートフォリオのひとつにいかがでしょうか?

オラクルCHF
スイス円の通貨特性を利用した安定設計のデイトレードタイプEA

コメントを残す