GBP系でがっつり稼ぐ!
『InstaFX RainMaker』


【Insta FX Rainmaker 概要】
通貨ペア
[GBP/JPY]
取引スタイル
[デイトレード]

最大ポジション数
1

最大ロット数
50
その他
ご利用ブローカーの下限~上限値まで可能

使用時間足
M15

最大ストップロス
45 
(EAによる内部判定(25 – 45pips))

テイクプロフィット
220
(EAによる内部判定(90 – 220pips))

自動売買初心者にも安心
簡単操作の人気システムトレード
「Insta FX」のGBPJPY用
「Insta FX RainMaker」

RainMakerのポテンシャルや
他のInstaFXシリーズとの比較で
ポートフォリオ提案します。


【バックテスト分析】

2007.01.02-2018.08.01
0.1ロット固定
スプレッド2pips

純益 9801ドル
最大ドローダウン 637ドル
総取引回数 3109(年間平均240回)
勝率 55.5%

となっています。
年間平均利益額は
770ドル(8.5万円)で
0.1ロットあたりの推奨証拠金は

(7.5)+(7*2)=21.5

22万円程度から運用可能です。
(1ドル=110円換算)
利益率でいうと38%となります。


【年間損益・月間損益】

年間で見ると
2008年が最も利益額が良いですね。
2011年が少なめです。
直近5年は少なめながらも
安定した利益額を保っています。


月間で見てみると
特別に弱い月というものはなく
年間3ヶ月~5ヶ月くらいは
マイナスになる月もあります。
なので月間単位で見るのではなく
年間単位で
トータル利益を狙いたいEAです。


【InstaFXシリーズ比較!】

少し見づらいですが・・・
公式バックテストデータを比較してみました。
0.1ロットあたりの利益額は
RainMaker(GBPJPY)が良いのですが
最大ドローダウンに対する利益率は
元祖Insta FXが最も良いです。

RainMakerは
勝率はあまり良くないが取引回数が多く
一回あたりの獲得金額が大きい

のが特徴となります。


バックテストにおける年間利益額を比較してみました。

InstaFX(EURUSD)とInstaFX Relax(USDJPY)は
理想的な逆相関が
2011年、2014年で見られます。
2011年が弱いという点では
Relax(USDJPY)と
Rainmaker(GBPJPY)は似ているのですが
Rainmakerのほうが利益額が
相対的に大きいのが特徴です。


ちなみに3つのEAを同時運用する場合は
各0.1ロットであれば
50万円程度から運用可能です。

内訳は

証拠金(ドル円4.5+ユーロドル5.3+ポンド円7.5)
+最大ドローダウン{(3.3*2)+(5*2)+(7*2)}=47.9

です。

その場合の年間平均利益率は54%なので
RainMakerのGBPJPY単体で運用するよりも
格段に利益率はよくなります。
GBPJPYの証拠金が大きめ
(7.5万円)なのを考えると
Relaxのロットを2倍にしてInstaFXと
Relaxをポートフォリオにする方が
良いかもしれませんね。

証拠金をあまり気にしない方は
3つを同時運用すると
取引回数が増えて利益も増大しますよ!

どの組み合わせが良いのか?
ロットの配分は?

といろいろ考えるのも
ポートフォリオの醍醐味ですね。
いずれにしても
1ポジで最大ドローダウンが少ないので
とても運用しやすいシリーズです!

InstaFX-Rainmaker
一撃+100pipsを記録! AI技術を駆使したInstaFXの直系GBPJPY用EAです。