月100回以上の取引数と右肩上がりの成績を両立させた 『スキャルピングプラズマ』

最終更新日

月100回以上の取引数と
右肩上がりの成績を両立させた
『スキャルピングプラズマ』

【スキャルピングプラズマ 概要】
通過ペア
[USD/JPY]
取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
3

使用時間足
M5

最大ストップロス
0

テイクプロフィット
0

複利設定
あり

 

【トレード例】

エントリーロジックは順張りです。
1度に同方向に最大3ポジ持ち
一括決済します。


トレンド方向に
複数順張りすることで
トータルでの利益を目指します。

【バックテスト分析】

(年別損益)

2008.01.01-2018.03.31
スプレッド0.5pips
0.1ロット固定

純益+8371ドル(年間平均 +800ドル)
最大ドローダウン 396ドル
総取引回数 13595(年間平均1300回以上)
平均利益 4.8ドル
平均損失 -7.45ドル
勝率65%

となりました!
3ポジEAながら
最大ドローダウンが396ドル
と低いのが特徴です
20万円あたり0.1ロットで運用が可能です。
その場合の利回りは20万円に対して
8万円強ですので
40%の利回りになります。

【注意点】
スプレッド0.5pipsと0.8pipsでは
トータル利益額に
かなりの差が出ましたので
スプレッドの狭い業者で
運用されることをオススメします。
スプレッド0.5と0.8での
損益曲線の差↓↓↓


10年では利益額が倍近く変わってきます

【取引回数が多いので、複利運用での利益増加が早い!】


複利機能もついているのですが
月間100回以上という取引回数があり
勝率も6割以上あるので
複利での利益増加がとても早いです。
5年の複利運用で(リスク10%)
相対ドローダウン34%で
10,000ドル⇒129,057ドルと
+1290%の増加になりました!
取引回数の多いスキャルピングというと
勝率が良くなかったり
TPに対してSLが大きすぎたりするのですが
0.1ロットあたり最大でも
-157ドルなので
1ポジあたり
-50pips程度の損切りとなっています。

内部ロジックでの決済になるので
まさかの時の損切り設定が入っていないのが
気になる方はいるかもしれません。

取引回数よし
単利でも
年利30-40%程度見込めて
複利もいけるという
いいとこ取りなスキャルピングEAです!

スキャルピングプラズマ公式ページはこちらから


TOMO