最大6ポジション!癖をつかんで、ロングのみで利益を追求します! 『sheep6』

最終更新日

 

 

長期フォワード実績アリ!
AUDJPY、NZDJPY専用
sheep6 

最大6ポジション!癖をつかんで、ロングのみで利益を追求します!

現在の成績

sheep6公式ページはこちらから

ストラテジーについて

羊といえば
どの国を思い出すでしょうか?
モンゴル?ニュージーランド?
為替で羊といったら
NewZealandですよね!

AUD、NZDといった
オセアニア通貨EAを
数多くリリースしている
「しろやぎさん」による
長期運用EA決定版 
sheep6をご紹介します!

sheep6公式ページはこちらから

難しい設定は一切なし! 設置して単利か複利モードを選ぶだけ。

適用通貨は
NZDJPYとAUDJPYの2通貨ペア。
それぞれのチャートに適用すると
自動でその通貨ペアに
最適化された数値に
設定が切り替わります。
パラメーターが少ないというのは
EA初心者にとっては
とても有り難いですね。
スキャルピングなど
イベントリスクに左右されやすいEAの場合は
その時だけEAの稼働をやめたり
週末クローズするという機能が付いたものもありますが
『Sheep6』は
そのような手間は一切なし。
週またぎや
イベントリスクを含んだ上で
その機能なしでも
パフォーマンスが変わらないEAです。

sheep6公式ページはこちらから

ナンピンマーチンでも、2008年からのバックテストで破綻なし

最大6ポジション
ロットは第1ポジションの
最大15倍の大きさを持つ
ナンピンマーチンタイプのEAですが
資金管理をきちんとすれば
リスクは限定できます。

sheep6公式ページはこちらから

2008~2014年のバックテスト
image

2008年のリーマンショックを含む
長期バックテストでも
100万円の口座で
最大ドローダウンが33万円
(口座資金比26%)となっており
長期運用に耐えられる設計になっています。

sheep6公式ページはこちらから

バックテストにおける年別取引回数と損益
image

基本的にはナンピンをしていって
トータル損益を
プラスにするロジックですので
損失額というのは
あまり気にしなくてもよいです。
むしろ損失額が大きくなるほど
リターンも大きくなるロジックです。
また
100万円に対して
年利10-30%見込めるのであれば
かなり良いリターンではないでしょうか。

sheep6公式ページはこちらから

fukuri機能で資金を効率的に活用

ゴゴジャンのフォワードを見ても
推奨証拠金が37万円と
少なくなっているのが分かるように
相場が穏やかな時は
ナンピン回数も少なく
よって使用するロット数も
少な目で済みます。
それはそれで安全なのですが
なかなか利益が増えないなあと
やきもきするかもしれないですね。

fukuri機能を使えば
資金額に応じて
初期ロット数をきめてくれますので
資金効率よく運用することが出来ます。

Fukuriのデフォルトパラメーターは
0.1になっており
これは10000ドルあたり
初期ロット0.01で開始するという設定です。

もう少しリスクを取ってもいいかなという方は
fukuriパラメーターを
0.5~1くらいにしてもいいですね。

sheep6公式ページはこちらから

 

risk1レバレッジ25倍 Oanda口座にて2016年度バックテスト結果

image

最大ドローダウン1989ドル(19%)に対して
リターンが5300ドルとなっています

長期での安全性を重視したい場合は
長期バックテストで
リスク値と最大ドローダウンの
バランスを見て設定してみてくださいね。
(安全な推奨は0.1)

sheep6公式ページはこちらから

AUDJPYでも運用可能

2005年~2015年の10年バックテスト Risk0.1 fukuri

image

sheep6公式ページはこちらから

 

 

こんな方にオススメです

・オセアニア通貨での
スワップ益&コツコツ貯金が好きな方

・長期目線で安定して
利益を増やしていきたい方

気になる方はクリック!
フォワード・バックテスト・統計情報など
さらなる情報を確認できます。

sheep6公式ページはこちらから


TOMO