運用開始からもうすぐ1か月。
好調スタート中の
『スキャルピングカピパラ』を分析。
70%超えの期待年利を安定運用できる!?


【スキャルピングカピパラ概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
2

使用時間足
5分足

最大ストップロス
85(60pipsの場合あり)

テイクプロフィット
30(20pipsの場合あり)

 

二つの異なるロジックを持つ
ドル円のスキャルピングEAです。
月次分析の2~3月が
約1か月間分で
35.8pips獲得しています。
まだフォワードテスト期間が短く
取引回数が少ないですが
勝率7割
PF2.77と好調です。
3月は小損利大で来ているので
今後も期待できそうです。

 

【バックテスト分析】


2007.01.01‐2019.2.1
スプレッド1.0

ロット固定 1

純益+1611.9万円(年間平均134.3万円)

最大ドローダウン -42.4万円

総取引回数 4657回(年間平均388回)

勝率72.92%

PF1.62

総取引回数がとても多く
一日平均にすると約1.5回
(年間平日250日で計算)
勝率は7割超え
なだらかな右肩上がりで
利益を出しています。
期間12年間の中で
最大ドローダウンは-42.4万円
最大保有ポジションが2なので
証拠金は少し多めが良いですね。

推奨証拠金額はバックテストと同様に
1ロット固定、最大ドローダウンで考えると、

(45*2)+(42.4*2)=174.8(万円)

なので約175万円から
0.1ロットならば
約17.5万が
安全運用の目安といえそうです。

この場合の
期待年利はなんと
76.8%なので
かなり優秀です!

 

年別のバックテスト結果はこちら。

バックテストを行った
12年間の全ての年で
収益を上げています。
年間獲得利益が多かった
2008年、2009年に注目しやすいですが
直近数年を見ても
年間利益にばらつきがないので
単体での運用にも
向いているEAといえます。
ポートフォリオに組み込む場合は
メインEAに据えてもよいでしょう。

 

次は年月別収益です。

月別での勝率は8割です。
少なくとも年に
60万円以上の利益を出しています。
結果だけみると
スキャルピングEAなので
あまり相場に動きがないとされる
夏場(5~8月)はやや苦手のようです。

 

年別の取引回数です。

2013年以降も
取引量が多いのは特徴的です。
先ほどの
年間獲得利益と合わせてみると
直近数年の取引数は多いのにかかわらず
2008年、2009年ほどには
利益が出ていないようです。
損失を出す取引も多かったようですが
それでも年間を通して収益を出す
好不調の波が少ない結果を出しているのは
ストップロス等の設定バランスや
EAのロジックが
優秀な結果でしょう。

以上みてきましたが
特筆すべきは
やはり70%越えの期待年利です。
年間でみた
収益の安定性と加えて
勝率やPF等の
表立った数値以上の能力だと
運用して分かる優秀なEAではないでしょうか。

今後フォワード実績も増えていけば
文句なしの
人気EAになりそうな予感です。

スキャルピングカピパラ
異なる2つのロジックを搭載!24時間型のドル円スキャルピングEA!!