【TariTali】海外FXブローカーは別に危険ではない

海外FX業者は危険ではない

mt4-metatrader-4-350x171

信託保全や分別管理の仕組み
特定のブローカーの
顧客資金の管理体制などを暴露していると
「結局海外のFX会社は危ないのか?」
というお問い合わせをいただきます。
断言できますが別に危険ではありません。
国内ブローカーと比較をして記載したいと思います。

なぜ分別管理だけなのか

「分別管理のみのブローカーが多いのはなぜか」
という点に関しては
そもそもほとんどの海外ライセンスでは
信託保全の義務がありません。
海外でも信託保全が必須条件になっている
ライセンスは
CySECライセンスや
ASICライセンスになります。
しかしながら日本の金融庁の圧力により
ASICライセンスに関しては
現在日本居住者は
開設することができなくなっております。
当たり前の話ですが
日本の金融庁は日本国内にある資産が
海外に流出することをかなり嫌がっており
オーストラリア政府に依頼を行い
ASICライセンス保有業者は
日本居住者は
口座を開設することができないようにいたしました。
なぜ嫌がるかといえば
国内の金融業者の保護が
主な要因となるかと思います。

監査会社を別に入れればいいだけでは

CySECライセンスや
ASICライセンスを取得する際に
必要な外部監査を各ブローカーが監査会社に依頼を行い
信託保全の制度を導入すればいいのではないかというお話もありますが
外部監査を依頼する際にも
費用がかかります。
この監査会社などに支払う分を
スプレッドや取引手数料に上乗せするよりも
分別管理のみの方が顧客への負担は少なくなります。

出金拒否のリスクは?

3d white people lying on a question mark

海外FXブローカーは
確かに出金拒否を引き起こすブローカーはいます。
しかしながら
TariTaliで掲載されているブローカーに関しては
出金拒否の可能性は
かなり少ないと考えていただければ
問題ないかと思います。
TariTaliでは各ブローカーから
IB報酬が支払われる前に
お客様にお支払いを行っております。
リスク管理としても
IB報酬不払いの可能性がある
業者を取り扱うことはできないため
出金拒否などを行いそうな
ブローカーは取り扱ってはおりませんのでご安心ください。

国内ブローカーはゼロカットシステムがない

top_395

ここが一番の問題ですが
国内ブローカーは追証があります。
急激な相場の変動があった際や窓開けなどで
数十pips動くことがありますが
国内業者の場合は残高が
マイナスになった場合は借金になります。
週末に50万通貨ほど持ったとしましょう。
月曜の朝
チャートを見たら
資金が吹っ飛んだどころか
数百万の借金ができていても
おかしくはありません。

国内ブローカーはスプレッドがおかしすぎる

095e938e2a09eaddc8db146b86879f4a

国内のFX業者は
インターバンク市場よりも
狭いスプレッドが提供されています。
インターバンク市場よりも
狭いスプレッドで提供をするということは
顧客が取引をすればするほど
証券会社としては
損失が生まれるということになります。
なぜそのようなことができるのかというと
顧客の注文を
インターバンク市場に出さないからです。
インターバンク市場に出さないということは
顧客に負けてもらう必要があります。
「顧客の負けがブローカーの利益」
ということですね。
海外のブローカーでも
上記のようなブローカーはたまにいますが
当サイトで取り扱っているブローカーは
きちんと外部マーケットに注文を出している
ブローカーになります。
そのため国内のブローカーと比較して
スプレッドは広いですが
顧客が勝っても
ブローカーの損失になることはありませんので
レートの不正な操作などの
嫌がらせはありません。

レバレッジ25倍は資金効率が悪すぎる

S-023_kanasii

レバレッジ25倍で
一ヶ月数十万を稼ごうとすると
数百万程度の資金は必要になります。
最悪全額飛ばすにしても
リスクに対してリターンが少なすぎます。
数百万をブローカーに入れても
「顧客の負けがブローカーの利益」
という状態であればブローカーは
顧客が負けるようにしなければなりません。
国内のブローカーでは仕組み上
残念ながらどうやっても最終的には負けます。
もし「国内ブローカーでなぜか勝てなくなった」という方は
一度海外のブローカーを
お試しいただいた方が良いのではないでしょうか。

海外FXブローカーは別に危険ではない by tariTali
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)